FC2ブログ

コーチングセミナーをお届け!社会保険労務士 楠木仁史 くすの木労務経営管理事務所/京都

脱サラ中年社労士 ―我が道を往く―
50代男性、脱サラ中年社会保険労務士の奮闘記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Plutonium is forever.

一瞬、我が耳を疑った。
きっと、自分だけではないはずだ。
「まさか。なんかのまちがいでしょ。」

一体、何を血迷った?
放射能(線)で汚染された水を太平洋に投棄する??
それも事後報告か?
こんな重大で大切な事、
どこで議論され、だれが決定した?
なんてことを…。

汚染された海の水は、黒潮と親潮に乗って世界の海を回流する。
そして、この星全体が、くまなく汚染される。
この星の海は、日本の電力会社のゴミダメか。

人類は、大気と土と水を汚してしまうと生きてはいけない。
そんなことも解らんのか。
かろうじて、まだきれいなのは、空気だけ。
防毒マスクなしで呼吸できるのも、あと何年だろう。

ナウシカの死海、
ガミラスの遊星爆弾で汚染された地球、
マクロス船団で生存可能な惑星を求めて宇宙をさまよう人類…
笑いごとではない。
そのいずれもが、現実味を帯びてきた。

政治屋もアホな学者もマスゴミも、
張本人であるマヌケな電力会社も、あまりに楽観的過ぎる。
「微量な放射線」につき、
「ただちには、人体に影響を及ぼすものではない」

その通りだと思う。
少なくとも、アンタが生きている間には、何も起こらない。
問題は、その後だよ。
誰が責任を取る?

第二次大戦後、プラスチックの発明後、
この星の住人は、突然使い捨ての生き方を始めた。
そんな使い捨ての究極が、原子力発電所だ。

原発が、我々にとって危険なのは自業自得だから仕方がない。
これを許してきたのは我々だし、原発のおかげで、快適な生活を送ることができた。

だけど、自分には孫がいる。
P2009_1230_142520.jpg

この子は、私が死んだ後、彼女の両親が死んだ後もこの星で生きていく。
この星で生きていくしかないのだ。

次男は、もうすぐこの最悪のバイオハザード地域に派遣されるかもしれない。
恐らくそうなるだろう。

私は、この二人にどう言えばいい?
何という言葉をかけて謝ればいい?

放射性廃棄物というやっかいなものを、
子供や孫に押し付けてまで楽な暮らしがしたいのか?
これが、原発が我々に突き付けている根本的で本質的な問題だ。

このことに目をつむりつつ、原発反対を声高に叫んでも一切無意味なのだ。
自分に、原発反対を叫ぶ資格があるのかと思う。

John Hallが、昔こんな歌を歌っていた。

もう何十年も前のことだ。
スポンサーサイト

障害基礎年金審査請求勝利

あー、今回は、何ヶ月かかったかな。
裁定請求書の提出は、
確か、昨年の9月初旬だったと記憶している。

ということは、
逆算すると仕事を請け負ったのは、
昨年の5月頃か…。

不支給通知が届いたのが、昨年末。
書類を整えて審査請求したのが、今年の1月だったな。
そして、やっと決定書の謄本が到着したのが、3月初旬。

まあ、毎度のこととはいえ、
もうちょっと早くならんかなぁ。
忙しいのはわかるけど。
この間、厚生労働大臣も交代したし。

どうだろ?
数十万円の報酬額でも、最賃割れしてるかも。

だけど、これであのご家庭も少しは潤うだろう。
そう思えば、やった甲斐はあるかな。
おかげで、いい経験もさせていただいたから。

請求書はお届けしたが、ちゃんとお支払いいただけるのかしらん。

とりあえず、
成功率100%は維持できた。
同時に連続成功記録も更新中だ。
自慢するワケじゃないけど。
それに、
社会保険審査官に、ぎゃふんと言わせることができたのは爽快だ。
この瞬間のためにやってるのかもしれないな。
この仕事。

次は、
統合失調症  1件。
二十歳前障害 1件。
障害等級変更 1件。
特別支給の老齢厚生年金障害者特例請求 1件だ。

いちばん簡単そうなのから、取りかかろうっと。
簡単なのは、ないかな。
…無いな。きっと。

intercepter

京都S大学のアメリカンフットボールは、
弱くはないが、さほど強いチームではない。
例年2部のトップで、1部との入れ替え戦に出場している。

しかし、今年は負け試合が続き、3部との入れ替え戦に出場する羽目になった。
今日は、その入れ替え戦で今シーズンの最終戦。相手は、大阪F大学。
次男は、4回生でディフェンスラインの一員、ラインバックのポジションだ。

アメリカンフットボールは、
サッカー以上に役割分担が明確に分類されていて、
ディフェンス担当の選手たちは、
相手の攻撃を食い止めることに、ただひたすら心血を注ぎ、
ボールを持ってフィールドを走り、
エンドゾーンを駆け抜ける(タッチダウン)という、
このスポーツ特有の花形的なプレイは要求されない。

そんなディフェンダーたちの唯一派手なプレイと言えば、
インターセプトだ。
レシーバーに渡る前に相手のパスをカットし、攻撃権を奪い取る。
そのままエンドラインにボールを運べば、もちろんタッチダウンになる。

第4クォーター、残り2分強。
スコアは、14-3で勝ってはいたが、
相手の攻撃が続き、大きくゲインを狙ったロングパスを強行。
このパスが成功すれば、一連のプレイでタッチダウンもあり得、
残り2分は、逆転タッチダウンに十分な時間だ。

みごとなインターセプトだったと思う。
攻撃権を得て、かつ相手の戦意を喪失させるプレイ。

2部残留を決定づけ、自身の選手生活最後の試合。
第4クォーター、残り2分。
何もかも土壇場だ。
彼が、公式試合の試合中にボールに触れたのは、4年間で初めてではないか。
最初で最後のビッグプレイ。

最後にデカイことをしでかしてくれた。
一部への昇格は、いつか後輩たちが成し遂げてくれるだろう。

辛いこともあっただろうが、
今は自信を持って、胸を張って引退すればいい。
ジャッキー ロビンソンにちなんだ背番号「42」は、
チームの永久欠番にはならないだろうが、
しばらくは誰もつけないかもな。

ホントに、「ごくろうさん」と言いたい。
父には、とてもできないことだ。

HONZIもか…

HONZIこと、本地陽子さんが亡くなった。
いや、亡くなっていたのを知った、と言うべきか。

honzi2.jpg


亡くなったのは、2007年の9月27日だ。
癌だったらしい。
40歳 …ジョン レノンといっしょだな。

4、5年前に聞き狂っていた「これ」と「このアルバム」を聴きたくなって、
CDラックから引っ張り出して久しぶりに聴いた。
妙にHONZIのヴァイオリンと彼女の歌声が耳に響き、
最近はどうしているんだろうと、ネットで検索して訃報を知ったというワケだ。

ごめんねぇ。お悔やみも差し上げられなくて。
2004年4月21日の磔磔でのライブが、彼女を観た最後の日だった。
もう奔放で官能的なヴァイオリンはもう聴けないんだな。…可憐な歌声も。


今敏監督が、25日に亡くなった。
監督も癌で…、なんと、すい臓がん。
母親と一緒か。
監督の壮絶な遺言状、感涙にむせびながら、謹んで拝読しました。
どうぞお先に行っててください。
よいご旅行を。


母親もそうだったが、
HONZIや今監督のように、
人に影響を与えることができるようになりたい。
そうなってから死にたい。


忌野清志郎しかり。
この国は、いったいどうなるのか。
この国の貴重な人材や才能が次々と失われていくような気がする。

長生きするのは、
問題の本質に絶対触れようとせず、
金欲と権力欲に取り付かれ、かまびすしく這いずりまわる政治屋だけ。


Billyの歌声が心に響く。

寒さには、

めっぽう強い。自慢じゃないが。
真冬でも室内では裸足だし、
下駄ばきで外出もする。
靴下履くと、下駄はけないしな。

だからなのか、暑さにはからきし弱い。
ガマンの限界は、30度なのだ。昔から。
20度超えると、運動能力、思考能力、集中力が目に見えて落ちる。

昨日、ベランダの温度を計測したが、今日は室内を。
これまた、びっくり!!

4時40分の時点で38度!!

室内温度


何これ!?
体温より高いやん!部屋の中で!
経費削減のため、おまけにひとりだから、
エアコンの稼働は来客時のみにしているとはいえ、
これは…なんとも。

最初の計画通り、午前中に納品のため外出してからは、
ずっと事務所で書類の作成にいそしんでいたのだが、
屋外も室内も一緒だな。
熱中症にならないように注意しよう。

数年前から、毎年6月頃になると真剣に感じるようになってる。
はたして、この夏を「生きて」乗り切ることができるだろうかって。

今年はどうだろ。

Copyright (C) 2008 企業コーチングサポート/くすの木労務経営管理事務所 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。