FC2ブログ

コーチングセミナーをお届け!社会保険労務士 楠木仁史 くすの木労務経営管理事務所/京都

脱サラ中年社労士 ―我が道を往く―
50代男性、脱サラ中年社会保険労務士の奮闘記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレは、よくない。

「21世紀枠のチーム(なんか)に負けて末代(まで)の恥」

?????

「恥」って…。
選手たちもそう思っていたのか?
そうだろうな。指導者がああなんだから。
だとしたら最悪だ。

スポーツでしょ?
それも相手のある。

やってるときは敵でも、それが終わったら同じ競技にうちこむ仲間やん。
お互いの健闘を称えあわなきゃ。

負ける相手がいるおかげで、自分が勝てる。
こんな当たり前のこと、どうして解らないのだろう?
落胆する相手に、追い打ちをかけるようなこと、今までも平気でしてたんだろう。

きっと、今まで勝ってこれたのは、
自分のおかげだと思ってらしたんでしょうな。

慢心、自信過剰、思い上がり…
これこそ「恥」なんじゃない?監督。

我が人生の師と仰ぐアル パチーノも言ってる。
「過去の栄光にすがりつくことほど、下らないことはない。」って。


他者や負けた相手の気持ちを思いやる心。

最近の日本人には欠けてるわ。
謙虚さと奥ゆかしさ。
勝って、なお自分を律する心。

もっと歳を取っても自分は、ああいうふうにはなりたくない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 2008 企業コーチングサポート/くすの木労務経営管理事務所 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。