コーチングセミナーをお届け!社会保険労務士 楠木仁史 くすの木労務経営管理事務所/京都

脱サラ中年社労士 ―我が道を往く―
50代男性、脱サラ中年社会保険労務士の奮闘記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自慢するワケではないが、

実は、最近「若い」女性から戴き物をすることが多い。
なぜだかわからんが…。

彼女たちは、
とてもお世話になったと思ってくれているのだろう。
先日は、大阪の女性社労士さんからおみやげ頂戴した。

今日も、昼休みにご近所の女性から電話で、
「お礼を差し上げたいから、明日の午前中に事務所にお邪魔します」という。

そういや、彼女とは一緒に食事もしたなぁ。
誤解されては困るが、
彼女は、公然と脱法行為を行う不良事業主に雇用されていて、
その労働相談として、
メールや電話で、様々なアドバイスをさせていただいた。

結果として、未払い賃金その他の問題を解決し、
円満に退職できたようなのだ。

彼女のご両親も知らない仲ではないし、仕事としての認識は一切なかった。
だけど、彼女は専門家の意見を訊いて、
その指示通りに行動をして、
自分が満足いく結論を得ることができた。

だからお礼しなきゃ、ということなのだろう。
先の女性社労士さんの件はともかく、
後の方は、開業社労士の業務として相談料を請求すべきだったのだろうな。

彼女に余計な気を遣わせてしまったのかもしれない。
事務所にはエスプレッソマシンがあるので、
明日はカプチーノでもご馳走して差し上げようと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 2008 企業コーチングサポート/くすの木労務経営管理事務所 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。