コーチングセミナーをお届け!社会保険労務士 楠木仁史 くすの木労務経営管理事務所/京都

脱サラ中年社労士 ―我が道を往く―
50代男性、脱サラ中年社会保険労務士の奮闘記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

live and let die.

「こっちが生き残るには、アンタに死んでもらわなアカン」

“trick or treat”(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)

“bread and butter”(バターを塗ったパン)
  これはちょっと違うか…。

英語には、しばしば似かよった表記を見かける。

「負けるチームが存在するおかげで、勝利するチームがある。」
英語にすれば、
“lose and let'em win.”てな感じか?

へ理屈のように聞こえるが、一面真理でもある。
以前、熱狂的な阪神タイガーズファンに教えていただいた「格言(?)」だ。

母の執念で松井と本田のシュートをゴールできるかと思ったが、少し足りなかったな。
むしろ、FW不在、1-4-6のフォーメーションでよく頑張った。

パラグアイ戦


負けたことは、誰の責任でもないけど、
ただ、実力は明らかにむこうが上。
川島の働きがなければ、90分で負けてましたよね。

やっぱり点を取り合う競技なんだから、攻撃できなければ勝ち目はないんだよね。
これって、自分の仕事にも同じことが言えそう。

“ win or lose? ”


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 2008 企業コーチングサポート/くすの木労務経営管理事務所 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。