FC2ブログ

コーチングセミナーをお届け!社会保険労務士 楠木仁史 くすの木労務経営管理事務所/京都

脱サラ中年社労士 ―我が道を往く―
50代男性、脱サラ中年社会保険労務士の奮闘記です。

邂逅って、

ことばの意味に該当するのかどうか解らないのだが…。

顧問先の算定基礎届提出のため、某年金事務所を訪れた。
運悪く(?)適用調査のサンプル企業に選ばれてしまったから、
この時期になったのだが、
その担当者(年金事務所の職員)の方が知り合いの女性だった。

彼女は社労士の卵で、もうすぐ登録すると伺っている。
勉強会で知り合い、数人で食事もしたことがある仲だが、
こういう再会の仕方をするなんてホントに偶然だ。

一緒に食事をするときは「友人」(かな?)だけど、
今日は、一方は年金機構の職員で行政の代表、
かたや法人の顧問社労士。

机を挟んで向かい合えば、完全にお互いの立場が違うワケだ。
だからどうってことはないのだけれど、
この仕事をしていると、信じられない偶然に遭遇することがある。

昨年の某企業の臨検に立ち会ったが、
社長の義理の息子さん(娘婿)は知り合いの弁護士だった。
臨検当日まで、おふたりの関係を知らなかった。
おまけに担当の監督官は、自分が日頃お世話になっている方だった。

つまり、誰が見てるかわからないから、
仕事はしっかり、恥ずかしいことはすんな、そいうことかな。


それはそうと、事務所のベランダで温度を測ったら、
4階建ての4階だからだろうか、太陽にいちばん近いからだろうか、

なんと44度!!

P2010_0720_145733.jpg

マジかよ!これって!!

明日の外出は、控えようかと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 2008 企業コーチングサポート/くすの木労務経営管理事務所 All Rights Reserved.